隊長のブログ

宮崎心霊調査隊の隊長が綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女子隊員♪

サイトを開設した当初は遊び仲間や飲み友達から募って調査隊を発足しました。普段から知り合いなので気兼ねすることもなく実に和気藹藹として楽しいものでした。そのうち、参加したい人を募集してみようかとなるのですが、最初はそんな物好きがいるわけないだろうと半信半疑でした。当時は出会い系などネットを悪用した事件も頻発してましたし、何と言っても真夜中の心霊スポットに出向く怪しい集団ですからね(笑)
しかし、予想に反して現在までに多くの女子隊員が参加してくれました。殆どの女子隊員に、心配でしたらお友達を誘って構いませんからねと言うのですが、付き合ってくれる友達はいないからとノコノコと1人で来てくれます。もちろん、そんな子達の期待と信頼を裏切ることがないことを一番大事にしているのでどーんと来い!なんですが♪
それから、参加にあたってはお約束がありまして、彼氏さんや旦那さんがいる場合にはちゃんと説明してお許しをいただいてくることをお願いします。何なら彼氏さんも同行していいですよと言うと、「怖いのヤだから1人で行って来い」って言われた子もいまして、「心配じゃないのかー!ホントに愛してんのかー!」と言いたくなったりもして(笑)
まぁ、待ち受ける方としてもどんな子が登場するのかといつもドキドキなんですが、どの子に会ってもみんないい子ばかりで余計に不思議に思えます。心霊サイトとしてはマイナーですが、男女共に隊員の質と和では日本一だと自負してます。
「うちは出会い系心霊サイトだ♪」と言うことがありますが強ち冗談でもないです(笑)
調査記を見れば強烈な個性の変態さんが数々の痴態を晒してるし、文章はお下劣なのになぜだか気に入ってくれる女の子が多くて♪
それから、顔出し率高いのもビックリでしょ!?
私なんかぜ~ったい顔晒すのヤですもん!
みんな度胸あるわぁ♪といつも思ってます(笑)

イチゴの一人娘、聖奈ちゃん(字合ってる?)に「隊長♪」と呼ばれると萌え~(≧∇≦)
もうね、幼い子に悪さする犯罪者はみんな死刑!って感じです。
そして、他の女子隊員もいつかお母さんになったら、子供さんを抱っこさせてくんろ♪
でも、隊長のことなんて紹介するんだろね!?(笑)



スポンサーサイト
  1. 2007/03/31(土) 16:47:18|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

pocher!?

たまに質問されるのですが、いる!?のURLにある「pocher」という文字は何の意味ですか?と。
別に私のニックネームでもないですし、心霊的な言葉でもありません・・・
で、種明かしをするとイタリアの模型メーカーの名前で「ポケール」と読みます。世界でも有数なカーキットメーカーで、その精巧な作りとまるで実車を組み立てているかのような製作工程が自動車の整備士をも脱帽させたとの逸話を持ちます。殆どのパーツが金属製で、1/8スケールと迫力も満点。全長60センチ超の重量も4キロ近くになり、まるで実車をそのまま小さくしたように精密でリアルな仕上がりになります。
po03.jpg

ギミックも豊富で、ペダルを踏めばブレーキシューが可動したり、ハンドルやウィンドーの開閉、驚嘆するのはエンジン内部です。ピストンやシリンダーを組み立てるのですが、カバーをかぶせれば見えなくなってしまうのに、外部からクランクハンドルを回すと本物さながらに動きベルト駆動でファンや発電機も回ります。
po02.jpg

足回りも完璧でサスペンションも実物同様の機構を再現しています。
po01.jpg

これだけ緻密なモデルなので部品点数も2千点を越え、製作参考時間は250時間にもなります。キット化された車はクラシッカーのベンツやブガッティ、アルファロメオなどでどれも気高く美しい名車ばかり♪
解説が長くなりましたが、URLにpocherが含まれるのは特別意味があるわけではなくて単なる思いつきです(笑)
強いて言えば、老後にのんびりちまちまと組み立てて遊ぶのが私の夢だということで。いや、今でも手にできれば欲しいのですが、1台の値段が10万近くととても高額!しかも近年に倒産したらしく市場に出回らなくなってしまいました(泣) たまにヤフオクに出品されますが、部品に欠品などがあるとお手上げですしねぇ・・・
この「pocher」という言葉はフランス語の調理用語で湯煮の意味もあり「ポッシュ」と発音するそうです。
余談ですが、googleで「pocher」を検索すると当サイトが一番にヒットします。ポケール社の情報を探している人はガッカリでしょうね(笑)

ということで、今日のブログは女子にはタイクツな内容だったかなぁ?(汗)
代わりにコメントのお題は、あなたが老後に楽しみたいことを教えてくださいませm(_ _)m
  1. 2007/03/30(金) 18:44:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

音楽三昧♪

毎日が忙しくてブログを書く時間がありませんでしたm(_ _)m
今日は久しぶりにのんびりと午後を過ごしてますので、ここ数日のことをまとめて書きたいとおもいます♪

~3月21日~
午後2時過ぎに志布志の船井くんからCORNELIUSのライブに誘われたのですが、なんと今日の夕方7時に鹿児島市内であるとのこと!
慌てて支度して串良まで飛ばして行きました。そこから、じゅりさんを加えて3人で桜島まで移動してフェリーに乗り、タクシーでライブ会場まで。開演の7時にちょっと遅れましたが、幸いライブ開始直前に滑り込みセーフ♪ CORNELIUSをマジメに聴くのは初めてでとても新鮮でした。バックに流れる映像が曲ごとに変わって、まるでプロモのようでした。曲に合わせてシンクロさせてあるのにも驚嘆! さすが船井くんイチオシのライブだけあります♪
会場を出ても余韻覚めやらずでタリーズでお茶しながらもその話題で持ちきりでした。串良まで戻り、じゅりさんちにお邪魔して帰路に着いたのは夜中の3時過ぎでした。いつものことだけど、この二人に会いに行くと時間があっという間に流れて帰りが遅くなってしまいます。
そうそう、フェリーの中でじゅりさんがごちそうしてくれた名物のうどんがとても美味しかったです♪

~3月23日~
今日は午前中からMEGUちゃんと垂水までイカ釣りに出かけました。
ポイントに着いてすぐに一匹釣れたのですが、その後がサッパリでした。干潮で潮止まりになり、イカのやる気がまったくなくなってしまいました。姿は見えるのですが、エギを近づけてもシラーっと無関心。フィーディングタイムならば争うように追いかけてくるんですけどねぇ。
それと、潮位がかなり下がってどこも浅瀬状態でイカは沖合いに移動してるようでした。春の日差しは暑いくらいで、時折吹く風がなければバテてしまうほどの陽気でした。途中で名前の分からないオレンジのような果物を買って食べましたが、甘みの中にほどよい酸味があってとても美味しかったです。山沿いのビワ畑では、枝ごとに白い袋がかけられてました。国分から垂水方面はビワが特産で、道沿いに白い袋が咲き誇る花のように連なります。ゴールデンウィークの頃には熟れて最盛期を迎えることでしょう。夕方まで粘りましたが釣果はなく、サティで夕食をとって帰宅しました。と、親父はのんきに釣りに出かけてましたが、今日は小学生の息子の卒業式でした。式には参加しませんでしたが、明日会う約束なのでおめでとうを言ってあげます♪

~3月24日~
午前中から息子とおふくろの三人で都城に出かけました。卒業のお祝いにいただいたこずかいでゲームでも買いたいのか、マンガ倉庫に連れて行ってほしいと言いましたので。どれにするのかかなりの時間迷っていたようですが、息子が下した判断は・・・千円のガチャポン(笑)
何を血迷ったのかと思いましたが、特等のWiiに心惹かれたようです。で、結果は知れてると思ってたらなんと一等を当てまして、店内のゲームソフトを7千円分までなら好きなだけもらえる権利を獲得しました。PSのソフトを4本選び合計で6900円分になりました。なかなかの戦利品となりましたが、ハズれてたらどうしたことでしょう?(笑)
夜は店で合コンがありますので、MEGUちゃんに手伝ってもらいホットサンドを振舞うことにしました。仕込みは私で、焼くのをMEGUちゃんにお願いしました。パン一斤を使って10人分用意しましたが、ことのほか好評だったので定番化していこうかと思います。調査隊のオフ会でも今度ごちそうしますね♪

~3月25日~
今日は志布志でフリーマーケットがありまして、その中のイベントでおとやんがライブに出演します。が、前日は大雨だったので天候の回復が心配でしたが、開催されるとの報告をもらいましたのでMEGUちゃんと出かけてきました。前回と比べると出店数が少なく感じましたが、多分朝方まで天候が悪かったので見合わせた人が多かったのでしょう。1時過ぎからおとやんの演奏が始まりました。3日に私の店でも演奏してもらいましたが、いつでもどこでも変わることのないおとやんクオリティーです♪ 約1時間ほどおとやんワールドを堪能しましたが、会場にいた女子高生くらいの女の子達のハートもがっちりと掴んだようで、フリマの商品の帽子などをプレゼントされてました♪

熱唱するおとやんです
070325.jpg


フリマの会場を後にして鹿屋市に向かいます。
船井くん、じゅりさんとラーメン屋で待ち合わせをして遅い昼食をとります。その後ガストに移動してデザートとコーヒータイム。楽しく会話をして過ごしたのですが、突然カラオケに行きましょうとなりましてとなりにあるカラオケハウスに行きました。私は3年ぶりくらいに歌ってみましたが、一曲の途中でギブアップ! 長らく歌ってないと息が続かなくて疲れました(汗) その後は3人の歌を聞きながら2時間を過ごして、コンビニで買い物をしてじゅりさんちに戻りました。3日のライブに参加してくださった方はご存知かと思いますが、船井くんとじゅりさんはラーフルというユニットでプロを目指すミュージシャンです。共に作曲から編曲まで手がけ、優れたセンスと卓越した才能を持ち合わせている二人には是非音楽業界に羽ばたいてほしいと本気で応援しています。そんな二人の代表曲である「憂いing」がまだまだ未完成ということですが、それなりに形になってましたのでCDに焼いてもらいました。早速聴きながら帰路についたのですが、何度もリピートして聞き入ってしまいました。抑揚のあるメロディーに箇条書きのような歌詞、緩急のあるリズムは淡々とした楽曲にメリハリを持たせてメッセージ性を強めています。言葉ではうまく伝わりませんが、完成した暁には多くの人の耳に届けたいと思わせる名曲です。

ということで、ここ数日の出来事を書いてみました。
ただの日記なのでコメントのしようがないでしょうが、何でもいいので一言くださいませm(_ _)m
  1. 2007/03/26(月) 16:24:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

それって美味い!?

二日もサボってしまいました(汗)

今日は食べ物の話題を。
結婚したての頃に、嫁がおしんこにマヨネーズをかけて食べるのを見てとても驚きました。本人も意識があるのか人前では絶対にしないと言い、一緒に暮らすようになって初めて私の前で披露しました。まぁ、マヨネーズは和洋を問わずあらゆる料理に合う調味料ですから、今ではそれほど奇異には感じませんが、当時は唖然とするような異文化交流でした(笑) たしか、隊員にも塩サバにマヨネーズをかけるってのがいたような・・・
で、もしかして自分にもこういう人とは変わった食べ方があるのでは?といろいろ思い返してみるのですが、どうも浮かんできません。カレーの具には歯ごたえがないので野沢菜などをたくさん散らして食べることがありますが、これにしても福神漬けやらっきょうと大差はないような気がしますし・・・
食べ方ではありませんが、一つだけ子供の頃から変わらないことがありまして、ヤクルトを飲む時に飲み口の銀紙を剥がさずにクルっとひっくり返して底の淵に歯でコリっと穴を開けてチュウチュウと吸って飲むクセがあります。自分ではごく普通のつもりですが、見た人は目が点になるようです(笑)
ずいぶんと前のことになりますが、初期隊員のみかちゃん(現在活躍中のミカちゃんとは別人)がこさえたたこ焼きを副隊長と神ちゃんが食べてたら、一つ口にほり込む度に「んんっ!?」と奇妙な声を上げます。怪訝そうな顔つきで恐る恐る噛んで味を確かめては、「・・・甘栗入ってる(汗)」「チョコが出てきた(泣)」と異物の正体に表情を歪ませます(激笑)
まぁ、食べられる物だから他愛のないイタズラですが(笑)
今思い出しましたが、小学生の頃に家に遊びに来た友達にカルピスと偽って白絵の具を溶かした水を飲ませましたなぁ♪
みんなで食材を持ち寄って鍋を囲んだ時には副隊長が豚バラの塊をまるごとぶち込みまして、脂でギタギタになったこともありました(怒)
お料理の達人MEGUちゃんも数々の創作料理をこしらえます。たしかに、彼女の料理はどれも美味しいのですが、食パンに納豆とかは遠慮したい(汗) でも、人に聞いたらこれも普通に美味しいというし・・・
日本人は料理のアレンジに長けた民族だと思います。たらこスパとかレタス巻き、カレーうどんなんて普通に美味いですもんね。

ということで、今日のコメントは「あなたの変わった食べ方」をカミングアウトしてくださいませm(__)m
常識を超えた味覚の持ち主の登場を期待します♪
  1. 2007/03/19(月) 18:53:29|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

今年も釣る!?

だんだんとタイトルがこじつけになってきました(笑)

今日のお話は、昨夏から今冬にかけて調査隊が釣り上げた獲物達を報告したいと思います。

まずは隊長が釣ったバスから。
031601.jpg

サイズは大したことないのですが、毎回写真を撮るわけでもなくこの写真しか残ってませんでした(笑) 春先から秋にかけてのメインターゲットです。この写真はフローターに乗ってます。ご存知ない方のために説明すると、大きな浮き輪に腰かけて足ヒレを履いて進む面白い乗り物です。手首の赤いのはアクセサリーではなく、ほか亭のお弁当についてた輪ゴムです(笑)

次の写真はホントにまいりました(汗)
031602.jpg

ガボッ!といい音を立ててヒットしたのですが、リールを巻いて近づく姿に「なんで足ついてんの!?と・・・
私は爬虫類や両生類がお化けの何万倍もコワいのでプチパニック!
ルアーをはずすこともできずオロオロしてたらラインを切って逃げました(泣)

次は、昨年の晩夏にMEGUちゃんやユウキくんを虜にしたナマッジーです。
031603.jpg

60センチを超える大物です。記録としては、私とユウキくんが60アップを釣り上げました。いや、MEGUちゃんも大物を釣ったのですが、私がランディングして堤防を上がる時にポトッと落としまして・・・(汗)
今年のMEGUちゃんに期待します(笑)

獰猛な魚ですがとぼけた顔してます。
031604.jpg

子供の頃からナマズがルアーで釣れるのは知ってましたが、本格的に狙ってみようと思ったのは昨年の秋からです。で、これがホントに面白い! バス用のデカいルアーをためらいもなくバコバコ食ってきます。捕食が下手なのであわせが難しいですが、ポイントをローテーションして廻ると一晩中楽しめます。夜行性なので夕涼みがてら釣りができて、街明かりに照らされた川面が炸裂するさまを思い出すと、冬眠から目覚めてくれるのが待ち遠しいです♪
個体数の多い魚ではないのでフックのかえしをつぶし、ランディングネットはラバー製の魚体に優しいものを使用しています。

続いて、秋になるとイカの最盛期です。
031605.jpg

秋イカはサイズは小さいのですが、数釣りが楽しめます。今月くらいから産卵のために接岸してくる大型のイカを狙うのも楽しいです。この写真は私が一人で昼間に釣ったものです。この日はオードブルに使うためにお持ち帰りしました。

そして、今年の冬に釣ったMEGUちゃん人生最大の大物です♪
031606.jpg

なんと65センチの巨大ヒラメ!
初めてヒラメを狙ってこれが釣れたのですからハマるのも当然です。この日は私も45センチくらいのを釣りましたが、見劣りが激しいので写真は撮りませんでした(泣) この日は釣り方をレクチャーしていただいた方の釣ったヒラメもいただいて合計3匹を意気揚々と持って帰りました。私のヒラメもMEGUちゃんに預けて一人分の料理にしてもらい美味しくいただきました。捌く手間も生ゴミも出なくて、これからもこの作戦でいこうかと・・・♪

しかし、上には上がいるもので・・・
031607.jpg

ユウキくんが釣ったのは75センチのモンスター級!
タバコの箱が小さすぎます(汗)
クーラーに折り曲げてやっと収まりました。

春の訪れとユウキくんの回復を心待ちにして、今年も釣り三昧といきましょう♪
  1. 2007/03/16(金) 20:24:04|
  2. フィッシング
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

何がいる!?

今日は怖い話を一つ。
私の体験談としてサイトで紹介しようと思っていたのですが、調査記で手一杯だったのでついつい忘れていました。
今日のブログは何を書こうかと考えてたら、ふと思い出しましたので書いてみたいと思います。

もう十数年前のことです。
今と変わらず心霊スポット巡りが好きで、友人達とよく出かけていました。その頃に仲良くなった女の子がいまして、その子も誘って4人で心霊スポットに出かけることにしました。道中の雰囲気は変わったところもなく、会話も楽しくワイワイとにぎやかでした。女の子は仲間に加わったばかりでしたので少しぎこちなさを感じましたが、その表情はおだやかで楽しそうにしていました。
街中を過ぎるとだんだんと街灯もなくなり、目的地が近づいてきます。さすがにみんなの口数も少なくなってきて、車内が緊張感に包まれます。最後のカーブを過ぎてしばらく行くと問題の心霊スポットが見えてくるのですが、ちょうどその頃からでした。
後部席に座る女の子の呼吸が荒くなり、息遣いがうるさく感じるほどです。慌てて車を停めて、どうしたのか?とたずねても、首の辺りを両手で押さえて言葉にならないようです。目からはいっぱいの涙が溢れ、ううっ!と呻いてそのまま失神してしまいました。隣に座るもう一人の子にもたれかかっていったのですが、触れた体がすごく冷たくなってると叫びます!
これはただ事ではないと、車をUターンさせて来た道を引き返すことにしました。帰り道の間も意識が戻ることはなく、残された3人であれこれと推察してみますが明確な答えは出ません。霊がとり憑いたのかとも考えましたが、心霊スポットにはまだ距離がありました。行きがけの雰囲気とはうって変わって暗く気まずい思いが漂います。
とりあえず私の住むアパートに落ち着こうということになり駐車場に入ります。車から降りて、気を失ったままの女の子をかついで部屋に戻ろうとしたのですが・・・男二人で肩と両足を持って抱き上げようとしたらとても持てそうにないくらいの尋常な重さではないんです!
いくら意識がない人を抱えると重たく感じるといっても、その子は身長も低く体重は30数キロしかありません。それにもかかわらず二人してしりもちをついてしまいました。まるでもう一人乗っかってるんじゃないかと思うほどでした。もう一人にも手伝ってもらいましたが、それでも持ち上げることはできずに引きづるようにして部屋の前まで運びました。漸く部屋の前までたどり着くと、それまでの重さがウソのようにフッと軽くなりました。
少しだけ霊感のある友達が、今夜は部屋に入らない方がいいかもと言います。「なんとなくだけど、中に何かいるような気がする」と・・・
今夜の出来事を振り返るとおとなしく忠告に従った方がいいと感じ、別の友達の家に向かうことにしました。
その後の女の子に変わったことは起きず無事朝を迎えました。
しかし、夕べの記憶が全くないようで心霊スポットに出かけようとしたことも覚えていませんでした。
太陽が高く上ってから恐る恐る自分の部屋に戻ってみましたが、何もおかしなところはなくホッと胸を撫でおろしました。

如何でしたでしょうか?
この女の子についてはもっと不思議な後日談があります。
おそらく私の体験した中でも一番怖い出来事かもしれません。
長らく封印してきた話ですが、今回のお話の反響がよければいつか紹介いたいと思います。
感想をお願いいたしますm(__)m
  1. 2007/03/15(木) 14:14:19|
  2. 心霊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

何が見える!?

今日はネットで見つけた不思議な画像の紹介です。
ご存知の方も多いかと思いますが、初めて見る人のために取り上げてみました♪

遊び方。
↓下の画像の中央に縦に4つ点が並んでいます。その点をできるだけまばたきをしないようにジーッと30秒間見つめてください。
30秒経ちましたら、目を閉じてその上から両手で覆ってください。そのまま数秒から10秒ほど待つと・・・!?

何が見えたかはコメント欄にお願いします♪


j002.jpg

  1. 2007/03/13(火) 18:53:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

どこにいる!?

突然ですが、調査隊は解散です(T_T)


って、冗談ですが(^-^)
書きたかったことは顔文字です。
泣いたり笑ったりと感情表現に実に便利ですが、記号やアルファベットをうまく組み合わせただけで顔に見えるのはおそらく人間だけで動物には何とも写らないでしょう。

専門的な言葉で「シミュラクラ」と言いますが、人間は三角形に配置された記号や図形などを顔のように見てしまったり、自然や模様の中にも顔のように見えるところを無意識に見つけたりすることを意味します。天井や柱の節目などが怖い顔に見えた経験がありませんか? 自動車も前から見たら顔のように思えたりしませんか?
MEGUちゃんに教わったのですが、スバルのR2を後ろから見るとプレデターの顔に見えます♪
海で見つけたこの岩は
j001.jpg

ジェイソンに見えませんか?

これを踏まえて今夜は心霊写真の話です。
調査記の写真を見た人から顔が写ってるなどと教えられることがよくあります。特に携帯版を見た方から指摘されることが多いです。
しかし、デジカメで撮影した元画と調査記用に縮小した画像はあまりにも大きさが違います。
例えば、この写真は調査記に使った画像です。
038.jpg

元画は2048×1536というサイズですが、携帯で表示できるように230×172までかなり縮小しています。元画の大きさがどれくらいになるかということで、230×172で一部をトリミングしてみると
p001.jpg

このように窓の一部くらいにしかなりません。
指摘を受けた写真を元画で確認すると見間違いだということがほとんどです。縮小された写真は細部のディテールが損なわれて元画の情報は見て取れません。
そして、顔のように見える現象はシミュラクラに起因すると思います。
心霊スポットの写真だということの心理的影響や先入観もあるのかもしれません。
テレビや雑誌などで紹介される明らかに顔や人の姿が見える心霊写真は、旅行のスナップ写真や記念撮影などで、お化けを写そうとしたものではないのがほとんどです。
調査隊のように敢えてお化けを写そうと心霊スポットに出向いても、草木や風景の中に「見ようによっては見えないことも・・・」程度の写真しか撮れません。
たとえそれらが本当に霊だとしても、自然に紛れてしか現れることができないくらいでは大した霊でもないのだろうと思わざるを得ません。
心霊写真を否定するわけではないですが、調査隊が撮影した写真の中には一枚もないというのが私の見解です。
しかし、「心霊写真じゃないですか?」と言われて見返す作業は楽しいですけどね♪

それから、イチゴ姉妹とはよく言い争いになります。彼女達は顔のようなものを見つけて報告してくれるんです。で、今日のブログに記したようなことで反論すると、くそみそに言い返されます。「隊長の目は節穴だぁ!」とかね。ということは、美人姉妹に見えるのも目の錯覚ですか?(笑)

シミュラクラについてはこちらのページが詳しく解説されて参考になります。



  1. 2007/03/12(月) 20:55:21|
  2. 心霊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ファンはいる!?

「いる!?」は心霊サイトとしては人気がない。
理由は簡単で、全然怖くないからだと思う。テレビなどと違いネットでは興味のあることや知りたいことを検索して情報を探すわけで、怖い話やスポット情報を期待してうちに辿り着いたら拍子抜けするだろう。
遥か昔から怪談や妖怪の話は伝わるが、現代に限って言えばテレビでも書籍でも怖くないと視聴率や利益につながらない。
稲川淳二や桜金造だって怖い話だから人気があるわけで。
目に見えないことをいいことにやりたい放題にしてると
こういうことになる。
最近話題のこの人もこういう記事が出る。

「いる!?」に話を戻して、サイト開設当初はもっと真面目に活動していくつもりだったが、実際に調査に出かけても一向にお化けは出ないし恐怖体験もなかった。けして多くはない宮崎の心霊スポットを紹介するだけの内容ではすぐに頭打ちが来ると思い、お化けが出るまで何度も通うスタイルにしたのはそういった理由からである。
調査記を見ればワイワイと楽しんでるだけのように映るかもしれないが、どんなスポットであれ真夜中にガチンコで突撃する姿勢は誇れると自負している。
そうして約3年に渡り調査を続けてきたが、霊を目撃したことはない。
女子隊員が具合を悪くしたことはあるが、かといってそれが霊の仕業だと断言するまでの確信は持てない。
恐怖感を煽ったり、含みをもたせた記事にした方が人気が出るのかもしれないが性格上できない。ネタは仕込んでもウソはつきたくないのである。
調査で見聞したことは事実だけを調査記に残すのがポリシー。
いつか正真正銘のお化けに遭遇した時は考えを改めたいと思う。

幸い、数少ないファンには隊員として仲間に加わってくれたり、親しい友人として付き合いを重ねたりとよい出会いに恵まれている。
人気がなくても調査隊と仲間達は日本一だと自信を持っている。
そして、共感してくれるファンが少しずつでも増えてくれたら嬉しい。

ということで、初めてブログなるものを書いてみました。
あくまでも個人的な見解なので批判はご遠慮くださいましね♪



  1. 2007/03/11(日) 17:18:10|
  2. 心霊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

伝助

Author:伝助
心霊サイト「いる!?(宮崎の怖い話)」で活躍する心霊調査隊の隊長です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する